広瀬グループ

税理士法人広瀬
社会保険労務士法人広瀬
株式会社経営カウンセリング
株式会社ヒロセビジネスサービス

電話

消防避難訓練

2022年07月の投稿

消防避難訓練

2022.7.22  新着情報 

7月20日、当事務所において、中京消防署の方にお越しいただき、消防避難訓練を実施いたしました。

事務所2階で火災が発生したとの設定で、瞬時に社内全体への周知と消防署への連絡、

外への避難を実践さながらに行いました。

またその後、消火器やAEDの使い方等、指導をいただきました。

日頃から火災等発生しないよう気を付けることはもちろんですが、有事はいつ、起こるかわかりません。

その万が一の有事に備えて、常日頃から訓練を行うことの大切さ、それにより尊い人の命が救われる。そのことをあらためて認識し、勉強させていただきました。

皆さまも是非、定期的に消防訓練を実施されることをお勧めいたします。

YU

研修にて

2022.7.20  新着情報 

先日、外部講師の先生をお招きし、社員全員で研修を受講しました。

その研修では自分の行動を周りからどう見られているのか、また、自分の認識とどれだけ違いがあるのかを理解し、意識改革や自己理解、自己成長につなげようという内容でした。

研修の冒頭、講師の先生が6つのピースのLEGOを社員に配布され、このLEGOを使って各人で「アヒル」を作るという作業を行いました。

結果はなんと!たった6ピースのLEGOなのに、周りを見渡しても全く同じ形の社員はいませんでした。

見せあい、笑いあいながらの楽しい実践研修でしたが、アヒル一つとっても分かるように、私たち組織で働く者は様々な考えを持った同僚たちと日々業務を行っています。円滑に業務を進めるためにお互いの考えや価値観などを知り、尊重し合うことがどれほど大事なのかという事を理解できた研修でもありました。

K.Y

3年ぶりの祇園祭

2022.7.5  新着情報 

令和4年の山鉾巡行につきまして、3年ぶりに本来の形で催行することが決定されました。

私自身、大学時代に試験期間にも関わらず遊びに行ったことを思い出しました。

祇園祭について深く調べてみますと、由来としては約1100年前に、京洛に疫病が流行し、

庶民の間に病人等が多数出ました。そこで66本の矛を立て、洛中の男児が祇園社の神輿を神泉苑におくり、悪疫を封じ込む御霊会を行ったのが始まりだとされています。コロナ禍の現在と近いものを感じますね。

駒形提灯に明かりが灯り、祇園囃子が流れ少しでも以前と同じ日常に戻れる喜びを感じています。

※緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置が発出された場合は、計画の見直しや再検討が行われるそうです。また列車の運転の一時取り止め等、事前にご確認頂き、京の熱気に包まれましょう。

T.O

大きな地図で見る

TEL.075-222-2051

受付時間 | 平日9:00~17:00

〒604-0846 
京都市中京区両替町通押小路上る
金吹町465番地
烏丸御池徒歩3分