広瀬グループ

税理士法人広瀬
社会保険労務士法人広瀬
株式会社経営カウンセリング
株式会社ヒロセビジネスサービス

電話

ニュース

~お知らせ 電子署名サービス導入のご案内~

2020.9.9  新着情報 

 この度、デジタル技法活用による業務効率のためにクラウドサイン(電子署名サービス)を導入しました。

 クラウドサインとは、弁護士ドットコム株式会社(本社:東京都港区)が提供するクラウド型の電子署名サービスのことです。事前に内容についてお互いの合意が済んでいる契約書/発注書などの書類をアップロードし、クラウド上で相手方が同意することにより、相互同意がなされたことを示す電子署名が施されます。

 クラウドサインを利用することにより、ネット上で契約書等をご確認の後、電子署名をしていただくことで、手続きがスムーズかつ簡単になります。

 

 【 クラウド型の電子署名サービスによる主なメリット】

 1、ハンコの押印、郵送・受取作業が不要に   

 2、印刷代、郵送代、印紙代等のコスト削減

 3、「電子署名」を付与し法的安全性を確保   

 4、書類紛失が回避され、セキュリティ対策も安心

 

  弊社では、今後従来の紙書類の引渡しと電子署名サービスの活用をケースによりお客様が選択できる体制を構築し、より満足度の高いサービスを提供できるように邁進してまいります。今後とも引き続きお願いいたします。

 詳しくは右記URLをご参照下さい。  https://www.cloudsign.jp/

 ご質問・ご相談のある方は税理士法人 広瀬 担当者までご連絡下さい。

~災難続き~

2020.9.4  新着情報 

 

 コロナ禍でなんとも息苦しい日々が続きますが、こんな時に追い打ちをかけるような災難が・・・。職場の水道配管が水漏れしてしまいました。実際には、“漏れた”というより“破裂”といった方が良いような被害状況です。これがまた出水箇所が運悪く3階で2階、1階の天井まで水が溜まって、重さでビール腹のように膨れるというなかなかの重症でした。

 発生時間も休日の夜と念の入った災難ぶりです。何人かの職員が夜中まで水をかき出し、書類やPCを避難させと大わらわだったそうです。(?)

 そうなんです、私は夕食にビールを飲み☆爆睡中の時間帯で夢にも思わぬ展開をスルーして、日付の変わった深夜2時ごろに相当件数になったチャットを確認するという始末で・・・なんの申し開きもできません。

 残暑厳しい折に災難続きでくわばらくわばらなお話でした。    

  

H.N

 

 

****

税理士法人広瀬

京都市中京区両替町通押小路上る金吹町465

http://www.hiroseac.co.jp/

~新型コロナ対策 最新情報Web配信のお知らせ~

2020.8.31  新着情報 

 徐々に第二波が近づいている中、新型コロナウイルス対策の情報発信第6弾として、新制度の最新情報を中心に各担当者がお話します。質問も可能ですので是非ご参加ください。

 Webセミナー中は自由に入退室可能です。仕事をしながら音声だけ聞くことも可能です。各担当者にご連絡頂ければ招待URLをメール送信いたします。是非ご参加ください。

  

 

 

~でんすけ~

2020.8.18  新着情報 

 彼此、6・7年になりますが、北海道当麻町にふるさと納税をしております。目的は、ここの返礼品のでんすけすいかです。今年は例年に比べ一回り大きくなって、直径が30センチ余りのものが送られてきました。今年、当麻町のすいかの出来は良かったのでしょうか。これを冷やすために我が家の冷蔵庫が占領されてしまいました。

 大阪のある税理士の先生は、ふるさと納税施行当初より寄付をされておりますが、大のすいか好きで、日本でのすいかの食べられない時期は二か月ほどとのこと。すいかを返礼品としている自治体に、順次時期をずらしながら寄付をしていらっしゃいます。その先生も当麻町に寄付されていることと思います。

  平成20年から始まったふるさと納税、今年で12年目となります。最初は不動産や牛一頭、ヘラクレスのカブトムシなど出された自治体もありましが、今は、3割以内の額での地場産品となっています。

  すいかを入れて送ってくる段ボール箱は、その年々で大きさに多少の違いがありました。総務省から出された、寄付の3割以内の返礼品限度額の指針のため、数年前から寄付額がアップとなったものの、今年は過去一番大きなものです。

 農作物などはその年々の気象状況で作付けに影響がでます。地場産品で価格を3割以内のものを必要数準備することは、結構大変でしょう。今年も九州熊本などは大雨による水害があり、地域によっては予定通りの返礼品が準備できるか心配になります。

 今年は、でんすけに加え、被災地域の自治体にも寄付をしたいと思っております。 がんばれ、日本!!!! 

 

~新型コロナウイルス支援策追加情報 第7弾~

2020.7.29  新着情報 

新型コロナウイルス支援策追加情報第7弾をお知らせいたします。

詳細については、添付の資料をご覧ください。

また、その他補助金も多数あります。

「○○したけど使える補助金はないか?」と思ったら㈱経営カウンセリング 梅田までご連絡ください。

(TEL 075-257-2006)

 

~新型コロナ対策 最新情報Web配信のお知らせ~

2020.7.14  新着情報 

 緊急事態宣言の解除から約1か月経過しました。第二波が懸念される中、新型コロナウイルス対策の情報発信第4弾として、新制度の情報や各種変更点などを各担当者がお話します。

 Webセミナー中は自由に入退室可能です。仕事をしながら音声だけ聞くことも可能です。各担当者にご連絡頂ければ招待URLをメール送信いたします。是非ご参加ください。

 

 【お問い合わせ】

税理士法人広瀬

株式会社経営カウンセリング

TEL:057-222-2051

担当:梅田

 

~「マイナポイント」スタート~

2020.6.26  新着情報 

 消費活性化策として政府が打ち出した「マイナポイント」の申し込みが7月からスタートします。

 9月からキャッシュレス決済でチャージや買い物をすれば最大5000円分のポイント還元が受けられる事業で、2000億円超の予算を投じた大盤振る舞いですが、予算の都合上、恩恵を受けることができるのは先着4000万人ということです。

 マイナポイント事業においては、クレジットカードや「pay pay」などのQRコード決済、デビットカードといったキャッシュレス決済で買い物やチャージすれば、25%相当のポイントがつき、最大5000円分のポイント還元を受けることができます。 ポイントが付与される期間は9月から2021年3月までの7ケ月間です。

 政府は景気の下支えやキャッシュレス決済の推進、マイナンバーカードの普及を目的に2020年度予算に2500億円を計上し、最大5%のキャッシュレス決済還元が6月末で終了する代わりの消費促進策となっています。 

 マイナンバーカードの人口に対する交付率は16.8%ですが、普及が進まない原因として「国民が利便性を感じるような施策を国が出してこなかった」と指摘されてきました。

  10万円の現金給付を巡り、自治体の窓口が混乱しましたが、マイナンバーカードがなければ使えないマイナポイント事業が、多額の予算を使って行われる中で新たな火種を生まないか懸念します。

   

【参照:総務省HP】  https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/

 

****

税理士法人広瀬

京都市中京区両替町通押小路上る金吹町465

http://www.hiroseac.co.jp/

~新型コロナウイルス支援策追加情報 第六弾~

2020.6.10  新着情報 

 今回で第六弾となりました。緊急事態宣言が全国で解除され、持続化給付金や特別定額給付金も徐々に手元に届いているようです。今後も第二波、第三波が懸念され支援策も日々増加しています。今回は今使える補助金に絞ってキーワードごとに紹介していきます。

(詳細については、添付の資料をご覧ください。)

 その他補助金も多数あります。内容によってはできるものできないものがありますのでご質問、ご相談ございましたら、弊社担当者もしくは㈱経営カウンセリング 梅田までご連絡ください。

(TEL 075-257-2006)

 

~新型コロナウイルス支援策追加情報 第五弾~

2020.6.8  新着情報 

 緊急事態宣言が解除になり、各自治体ごとの独自支援策も日々更新されています。情報が混乱しやすいため、今回は各支援策の最新情報を得るための検索ワードやQRコード付きでご案内します。

 京都府も新型コロナ対策の電話窓口を複数臨時開設していますが、回線が込み合っている状態です。

  ご質問、ご相談等ございましたら、弊社担当者もしくは㈱経営カウンセリング 梅田までご連絡ください。

(TEL:075-222-2051)

 

 

大きな地図で見る

TEL.075-222-2051

受付時間 | 平日9:00~17:00

〒604-0846 
京都市中京区両替町通押小路上る
金吹町465番地
烏丸御池徒歩3分