ブログ

~COP21~

【更新日】2015年11月30日 14:17
COP21がパリ同時多発テロで厳戒態勢の中パリで開幕する。
1997年に採択した京都議定書の枠組みが20年で期限切れになるのを踏まえ
新たな国際枠組みを作る場となる。
京都議定書は、日本や欧州などの先進国
(アメリカは調印後離脱)にのみ削減義務を課し、
世界一の排出国の中国などは「途上国扱い」で義務を免れている。
経済成長で排出量が増え続ける新興国を抑制できなければ、
温暖化対策は進まない。
今年の京都の紅葉も、11月の暖かさで鮮やかな紅葉も見られず、
青い葉のまま枯葉になり、私たちの身近に温暖化は毎年進んでいるようです。
パリ会議での、地球温暖化防止策の進展が実現するように望みたいものです。
 
内藤 瑞雄

PAGE TOP