ブログ

~愛宕神社~

【更新日】2015年4月20日 19:52

 

愛宕1DSC_0384.jpg愛宕3DSC_0376.jpg

愛宕5img_4.jpg

 

 

 

 

愛宕神社

 京都市右京区にあります。(旧称阿多古神社)

 山城・丹波国境の愛宕山(標高924m)山頂に鎮座し、古くより比叡山と共に信仰を集め、神仏習合時代は愛宕権現を祀る白雲時として知られます。

  天正10年(1582年)5月、明智光秀は戦勝祈願のために愛宕神社に参籠し、本能寺の織田信長を攻めるかどうかを占うため籤を引き、3度の凶の後、4度目に吉を引いたそうです。翌日、同神社で連歌の会(愛宕百韻)を催して、その冒頭に詠んだ歌「時は今 あめが下しる 五」は光秀の決意をひめたものとされます。

  庶民的には、火伏せ・防火に霊験のある神社として知られ、「火逎要慎(ひのようじん)」と書かれた愛宕神社の火伏札は京都の多くの家庭の台所や飲食店の厨房や会社の茶室などに貼られております。また、「愛宕の三つ参り」として、3歳までに参拝すると一生火事に遭わないと言われています。

  そんな事で、昨年のゴールデンウイークに「2歳・16キロ」を担いで、参拝しました。今年も頑張ろうかと思っています。とにかく彼女(孫)と遊ぶのは体力が入ります。

鍛えて!!鍛えて!!                           H.Nishio

 

PAGE TOP