ブログ

~感動の名スピーチ~

【更新日】2015年2月 2日 13:02

昨年12月、史上最年少「17歳」でノーベル平和賞を受賞した、パキスタンの女子学生 マララ・ユスフザイさん ノーベル賞授賞式で「・・・・何故、強いといわれる国では戦争を生み出す力がとてもあるのに、平和をもたらすことにかけては弱いのでしょう。何故、銃を与えることはとても簡単なのに、本を与えることは難しいのでしょうか。なぜ戦車をつくることはとても簡単で、学校を建てることは難しいのでしょうか。・・・・平和を得ましょう。正義と平和をすべての人に。政治家や世界の指導者だけでなく、私たち全ての人が貢献しなくてはなりません。それが私たちの努めなのです」と・・・・

 

崇高な “志”を持ったマララさんの生き様・・・・。 大人も、おおいに見習わせて頂きたいものです。

PAGE TOP